宿便が溜まる原因とは?

便秘と宿便は同じような意味にとらえがちですが、実は違います。
便秘は、定期的に便通がなく、お腹がすっきりしない状態のことです。
宿便は、滞留便とも呼ばれ、便秘を患っていない人でも腸壁にこびりついているものです。
それは、数カ月から数年滞留していてその重さは3〜5kgほどあると言われています。

 

しかし、腸壁も細胞が生まれ変わるため、そのタイミングで剥がれ落ちます。
色は黒っぽく、いつもの便に混じっています。
しかし、溜まりすぎた宿便は体内に悪影響を及ぼします。
その原因は、便秘にもありますが、胃腸の働きが弱ると腸の繊毛運動も悪くなるため、便をうまく排出できずに溜まってしまいます。
それが毒素となり、肌荒れや免疫力の低下、最悪の場合は大腸がんを引き起こす要因になり得ます。

 

では、このような恐ろしい宿便の原因はどうやって解消すればよいのでしょうか?
半日断食で腸に食品を摂り入れない時間を作ることで、腸の消化活動が活発になり老廃物と一緒に排出されます。
また、適度な運動や乳酸菌サプリメントの摂取などで、腸内環境を整えると原因は解消されるでしょう。

 

 

宿便が溜まるとお腹が痛い?

お腹が痛いという症状は、きわめて多くの原因が考えられますので、必ずしも宿便が原因となっているとは限りません。臭いおならが出るとか、お腹にハリを感じるなどの症状もある場合は、可能性の一つとして考えることが出来ます。
宿便は、長期間お腹(大腸)に滞留しているため、腸内細菌による分解や腐敗が進み、それによって放出される有害な毒素やガスが、痛いという自覚症状につながる場合があります。
その原因となる宿便を排出することによって、症状が改善していくケースもあります。

 

原因が宿便であった場合の改善方法は、第一に食生活の見直しです。
野菜や海藻など、食物繊維が豊富な食品を日常の食事の中から多く摂取することや、水分を多く取り入れることなどが改善のコツと言えるでしょう。
また運動をして日常的に体をしっかりと動かすことで、腸をはじめとする内臓の活動を促し、スムーズな排出に繋げます。

 

いずれにしても、お腹が痛い場合には痛みが引くまで安静にすることが大切です。
痛みが強く、我慢できない場合には必ず病院に行き、医師の診察を受けましょう。
宿便以外の原因が見つかる場合もあります。

 

 

宿便の量を減らす方法は?

肌荒れや、お腹の張りなどの症状が見られる場合は、宿便の量が増えている可能性がありますので、何らかの方法で体外に排出して量を減らしていくことが重要です。
長期間体内に留まっている宿便は、大腸内で細菌による腐敗が進み、臭いおならの原因となる場合もありますし、腹痛などを引き起こす可能性も考えられます。
そのため、しっかりと出し切ることが望ましいでしょう。
もちろん通常の便と同じように、食物繊維を含んだ食品を多く摂取することが大切ですので、海藻類や野菜類を意識的に食事の中に取り入れていきましょう。

 

また、水分の摂取も宿便に対して大きな効果があります。
こまめに水やお茶を飲んで水分摂取を心がけていくと、次第に宿便が解消されていきます。
ダイエットなどで食べ物を極端に減らしている場合は、便を作り出す量が少なすぎて、かえって腸内に溜まっていく場合がありますので、適度な食事量も必要です。
宿便が気になる場合は、まずは水分補給と食物繊維の摂取を行い、そして適度な運動を生活の中に取り入れて町の動きを活性化させていきましょう。
次第にスッキリとしたお腹となっていくはずです。

 

 

浣腸すれば出る?

頑固な便秘が続いている場合、浣腸薬を使うことも1つの方法ですが、宿便を出すために浣腸をすることはおすすめできません。

 

宿便とは、腸内に長い間滞在していて排出されないもののことを言います。
毎日排便があったとしても、腸管内に停滞している排泄物の存在を宿便と呼んでいますが、これは美容法や健康法などでよく言われているような腸内壁にこびりついた便とは違います。
腸内壁は日々生まれ変わり、細胞などが剥がれ落ちていくため、便がそこに蓄積されることはあり得ないというのが医学的な考え方です。

 

しかし、なんだかすっきりしない、便秘がちである、おならが臭いといった症状があるときは、浣腸を使ってみると長く溜まっていた便を排出することが出来るかもしれません。
しかし、浣腸を常用することで、腸の正常な動きを妨げ、排便機能を低下させてしまう原因にもなりかねません。
特に不快な症状がない限りは、使うことを控えたほうがよいでしょう。

 

また、腸壁に溜まった宿便をとるためにコーヒーで浣腸をしたり、腸内洗浄をしたりする女性もいますが、腸壁にたまった宿便というものがそもそも存在しませんので、医学的根拠は何もなく、効果があるとは言い切れません。
何より、消化、吸収、排せつという流れは、自然の力で行われるべきものですので、必要でない以上乱用はしないようにしましょう。

 

 

宿便を出すためのマッサージってある?

腸を刺激するマッサージを行うことにより、宿便を効率良く出すことが出来ます。
マッサージの効果を高めるためには、水分と食物繊維の摂取を心掛けましょう。
そうしたことで、便の量を増やすことが出来、宿便が出やすくなります。

 

マッサージは、1日1回以上、リラックスした時に行うようにしましょう。
その際には、仰向けの状態で行うと、効果を高めることが出来ます。
基本的な方法は、手を腰の両脇に置き、指を開いた状態で上下に少し強めに動かします。

 

次に、ヘソから3cmほど左側から右側まで、U字を描くように刺激していきます。
そして、ヘソの右下から左下までを刺激していきます。
この時、腸内の宿便などの老廃物を移動させることを意識して行うようにしましょう。

 

最後にお腹全体を時計回りに丁寧に刺激していきます。
この時、痛みを感じる部位があれば、そこを重点的に刺激していくようにしましょう。
ただし、力を入れ過ぎてしまうと、逆効果となる可能性がありますので、適度な力で行うようにしましょう。
マッサージを行う際には、お腹に力を入れないようにします。
基本的にはいつ行っても良いですが、体が温まっている状態のお風呂上がりなどがおすすめです。

 

 

他の方法を知っていることも重要!

宿便について、色々なアプローチがあることがわかりました。
ですが、あなたに合った方法がこの中にはないということもあり得ます。
そういう場合は、ここで紹介するウェブサイトも役に立つと思います。便秘のお茶についての情報をまとめたウェブサイトです。